おすすめ記事 マインド

成長したいなら「ビビる」を乗り越えるということ

遠きに行くには必ず邇きよりす

こんにちは、なおです。

今日は、「成長したいならビビることを超えていけ」
という話をします。

先日、4年連続で年収が1億を越えている人が
登壇するセミナーと懇親会に参加してきました。

 

 

年収1億円・・・僕より圧倒的に格上です。

自分の10倍以上のお金をたった1年で生み出してます。
それを4年連続ときたら、その差は40倍以上。
マジでやばい。

 

 

そんなすごい人のセミナーに参加するかどうか、
正直めちゃくちゃ悩んでたんですよね。

セミナーに参加すれば、そのあとに懇親会もあって、
年収億超えの主催者と話す機会もある。

 

億超えに必要な考え方や、やるべきこと、
今自分が悩んでいることなど、
聞きたいことは山ほどあった。

 

でも、セミナーに行っても、
主催者に恐れ多くて、

話しかけれない自分を想像できちゃったんですね。
そう、僕はめちゃくちゃビビってたんです。

 

だから、このセミナーの案内が来てから
参加するかどうか、
2週間は毎日悩んでました

 

「セミナーに行こうかな。。。
いや、やっぱりやめておこうかな。。。」

 

 

結局、
申し込み期限2時間前というギリギリで
行くことを決意し、申し込みました。

 

 

今ふりかえると申し込んだのはファインプレー。

 

セミナーでは、
・年収億超えするまでにどんな苦労があり乗り越えてきたか
・気分が乗らない時の対処法
・表には決して出ない裏技的な集客方法
・実際に動かしているYouTubeチャンネル事例
など、レアな話を大量に聞けました。

 

でももっと有益だったのが、

セミナー後の懇親会

 

このセミナーには主催者の友人も多く来ていて
年収1億超えの人が数人いました。

 

その中には僕がXでフォローしていて
一方的に知ってる経営者の方もいました。

 

 

で、セミナーに行く前には、
セミナーに行ったら質問したいこととか
話をしたい人を考えていまして

 

「もし経営者のOOさんもこのセミナーに来ていたら
聞いてみたいことがあるんだよなー。

でも、そんなこと都合いいこと、あるわけないね。
でも、もし来てたらラッキーだから、
質問リストを作っておこう。」

 

そんなことを考えて準備してセミナーに参加したら、
その経営者の方が偶然、セミナーに足を運んでいたのです。

 

これはチャンス。
質問も用意してきたし絶対に話しかけるんだ!
そう思ったのも束の間。

 

 

セミナーの休憩中も、懇親会が始まっても
その方は同じ経営者らしき人たちと、ずっと一緒に喋っています。

 

当然です。

相手は、僕のような
ザコには興味ない
わけです。

僕と話しても、
何かその経営者にメリットがあるわけじゃないですし。

 

そんなことを考えていたので、
僕はなかなかその経営者に話しかけれませんでした。。。

 

でも、そのときにふと思ったんですよね。

 

いま目の前に話したい人がいて、
もう1回そのチャンスが来るのは何年後?
と。

 

Xでフォローをしていて、
ずっと話してみたいと思っていた人が
偶然、目の前に現れた。

 

ゲームで例えるなら、
伝説のポケモン
「ミュウツーとかホウオウ」と出会った。
みたいな感じ。
ポケットモンスター』シリーズに登場した「伝説のポケモン」が仲間に!|『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット ゼロの秘宝』公式サイト

 

ポケモンをやっていて、
ミュウツーと出会ったら絶対に捕まえよう!
って思うじゃないですか。

 

このチャンスを逃したら、
一生出会えないかもだし、
捕まえれないかもしれない...と。

 

あと、思ったのは
このチャンスを逃したら
めちゃくちゃ後悔する

 

「なんであの時、
勇気を出して話しかけなかったんだ・・・」
と、ずっと後悔するだろうなって。

 

話しかけに行けば、
無視されるかもしれないし

雑に扱われるかもしれないけど
少なくとも、「自分から話しかけなかった」
という後悔は残らないです。

 

後悔は絶対にしたくない

そう思って、話しかけに行く決意をしました。

 

その経営者の方がトイレに立った隙を見て
トイレから席に戻る時に

 


「あ、もしかしてOOさんですか?
XXの教材を販売されてたり、
最近OOOをされてる…」

 

億超え経営者
「はい!そうですよ!」

 


「OOOの教材、すごく勉強になりました。
また、最近アップされてた動画も拝見し
〜〜〜の部分がとても参考になりました!

あの、もしよろしければ色々と
お聞きしたいことがあるのですが、
いくつか質問させていただいても、
よろしいでしょうか?」

 

億超え経営者
「全然いいですよ!あそこで話しましょう!」

 


「(この方、なんて優しいんだー!)」

 

 

こんな流れで、憧れていた経営者の方と
話す機会を得た僕は

事前に聞きたいなと思ってたことを
矢継ぎ早に質問させてもらいました。

 

 

 

おそらく30分くらい、
1:1で質問と相談をさせてもらったと思います。

 

何を相談したかは、ここには書けないけど
ずっーと悩んでたことを
一瞬で解決してもらったり

今後の自分のビジネスの方向性を
バシッと固めることができました。

 

 

 

30分…この時間は非常に貴重な時間でした。
この時間があったおかげで、

往復7-8時間という時間と
お金もかけて行った甲斐がありました。

 

 

このストーリーを読んだらわかると思うのですが

 

僕もみんなと一緒で

根っこは超ビビりなんです。

 

 

でも、

行動しなかったことで
あの時やっておけばよかった。


という後悔をしたくないし

迷ってる時間が一番疲れる、

 

と思ったから、

ビビりながらもセミナーに行ったし
格上経営者の方にも話しかけて
アドバイスをもらうことができました。

 

 

こうした大事なチャンスの場面で
自分だけがびびってるのかなと思って

その億超え経営者の方にも
「自分より上の人に会う時はビビりますか?」
と聞いてみたんです。

 

そしたら

 

「普通に俺も迷うことあるよ。
イベント行くのも正直面倒くさいなと思うし。

でも、行けば絶対プラスになるって
思うイベントなら、行くようにしてるね。

新しい情報を得られたり、
人脈ができたりするからね。

だから、行くと有益そうだけど、
めんどくさいなー。とか、

行くと学びしかないけど、
メンツが強すぎてビビる。
って思うものは、逃げずに行く。
という自分ルールを決めてるよ。」

と、教えてくれました。

 

 

格上の人たちは、

新しいことに挑戦するときや
イベントに参加するときに

ビビることもないし、
葛藤もないんだろうなーと
勝手に思い込んでいました。

 

だけど実際は、
どんな人でも人並みに葛藤はするし、
面倒くさいなーって思ってるし、

才能だけで
上手く行った人はいなくて、
1つずつ壁を乗り越えて今がある

んだなーと。

 

 

ぶっちゃけ、
僕も毎日「あーめんどいなー」

と思うことは多いけど、
それも1つずつやっていくしか
先には進めないし、コツコツやっていきましょ。

 

「遠きに行くには必ず邇きよりす」(ハイキューより)

 

それでは今日はこの辺で。

遠きに行くには必ず邇きよりす

-おすすめ記事, マインド